~ フィッシングとは金融機関などを装った電子メールを送り口座番号、パスワード、クレジットカード番号などの個人情報を詐取する行為です ~

HOME > 報告書類 > 月次報告書 > 2019/02 フィッシング報告状況

報告書類

2019/02 フィッシング報告状況

2019年03月01日

フィッシング報告件数

2019 年 2 月にフィッシング対策協議会に寄せられたフィッシング報告件数 (海外含む) は、前月より 387 件増加し、2,100 件となりました。

フィッシングサイトの URL 件数

2019 年 2 月のフィッシングサイトの URL 件数 (重複無し) は、前月より 82 件増加し、1,134 件となりました。

フィッシングに悪用されたブランド件数

2019 年 2 月のフィッシングに悪用されたブランド件数 (海外含む) は、4 件減少し、35 件となりました。

総評

2019 年 2 月のフィッシング報告件数は 2,100 件となり、2019 年 1 月と比較すると 387 件の増加となりました。今月も Amazon および Apple をかたるフィッシングメールが大量に配信され、非常に多くの報告を受けました。また LINE や Web メール等のアカウント詐取を目的としたフィッシング報告も続いています。フィッシング以外では、メール本文が顔文字のみでランサムウエアのインストールへ誘導する zip ファイルが添付されたメールや、英語や日本語でビットコインの支払いを要求する脅迫メール(セクストーションメール)の配信が続いています。
支払い情報など登録情報の更新を促すフィッシングは、クレジットカード情報に加えて、3D セキュアの認証情報をも詐取しようとするフィッシングサイトが増えてきています。また昨今のフィッシングサイトの約半数は HTTPS 対応しており、安全なサイトに見せかけています。メールなどのリンクを辿って表示されたサイトが、一見、安全そうに見えても、個人情報を入力する前に、ちょっと立ち止まって、似たような他の詐欺事例がないか確認するようにしてください。フィッシングかどうかの判断に迷うメールや、不審なメールを受け取った場合は、各サービス事業者の問合せ窓口やフィッシング対策協議会 (info@antiphishing.jp) までご連絡ください。



【参考情報】
  PayPal をかたるフィッシング (2019/02/28)
    https://www.antiphishing.jp/news/alert/paypal_20190228.html

  三井住友カードをかたるフィッシング (2019/02/19)
    https://www.antiphishing.jp/news/alert/smbccard_20190219.html

  Amazon をかたるフィッシング (2019/02/18)
    https://www.antiphishing.jp/news/alert/amazon_20190218.html