~ フィッシングとは実在する組織を騙って、ユーザネーム、パスワード、アカウントID、ATMの暗証番号、クレジットカード番号といった個人情報を詐取する行為です ~

HOME > フィッシングの報告

フィッシングの報告

フィッシング対策協議会では、フィッシングメールやフィッシングサイトに関する情報提供を受け付けています。
Webフォームでご報告される場合は「Webフォームで報告」、メールでの報告を希望される場合は、「電子メールで報告」をご参考にご連絡ください。
なお、ご報告頂いた情報は、法執行機関(警察等)及び関係組織(騙られた被害組織等)へ提供する場合があります。
      

Webフォームで報告

電子メールで報告

次のような場合、フィッシング対策協議会に情報提供をお願い致します。

フィッシングと思われるメールや SMS が来た!

メールや SMS 内のリンクをクリックせずに、そのメールを下記のメールアドレスまで転送ください。
転送が難しい場合は、フィッシングメールのタイトル・差出人名・送信日時・概要などを下記のメールアドレスまでお送りください。
SMSの場合は、直接転送ができないため、スクリーンショットを取得、メールに添付してお送りください。

フィッシングをしている偽のホームページを見つけた!

ホームページのアドレスを教えてください。
なお、ご報告頂いた情報は、法執行機関(警察等)及び関係組織(騙られた被害組織等)へ提供する場合があります。

フィッシング報告受付メールアドレス

info●antiphishing.jp


以下のフィッシングの報告は、事業者へも直接、ご報告ください。

Amazon: stop-spoofing●amazon.com

メルカリ: phish●mercari.com

※迷惑メール対策として「@」を画像に置き換えています。
※お手数ですが、上記メールアドレスをコピーしたのち「●」の部分を「@」に修正してお送りください。

現在、非常に多くの報告を受領しているため、個別のお問い合わせメールを除き、報告受領のメール返信を割愛させていただいておりますこと、ご了承ください。皆さまからの報告は、被害抑制のために広く役立てて参ります。今後ともよろしくお願いいたします。

フィッシングサイトに情報を入力してしまったら

  • ID / パスワードを入力してしまった場合
    • すぐにパスワードを変更する。
    • 他のサービスで同じ ID (メールアドレス) を使用している場合には、 推測されやすい安易なパスワードを使用していないか改めて確認し、必要に応じて変更する。
    • 不審なログイン履歴や利用履歴がないか確認し、必要に応じてサービス事業者のサポート窓口などに相談する。
  • クレジットカード情報を入力してしまった場合
    • すぐにクレジットカード会社の紛失・盗難窓口へ連絡し、利用停止と、必要に応じてカード再発行の手続きを行う。

    紛失時連絡先一覧(東京都クレジットカード犯罪対策連絡協議会)

  • インターネットバンキングの認証情報を入力してしまった場合
    • すぐに金融機関へ連絡する。

    金融犯罪に遭った場合のご相談・連絡先(一般社団法人 全国銀行協会)

被害の届け出、相談

報告1
報告2