~ フィッシングとは実在する組織を騙って、ユーザネーム、パスワード、アカウントID、ATMの暗証番号、クレジットカード番号といった個人情報を詐取する行為です ~

HOME > 報告書類 > 月次報告書 > 2018/09 フィッシング報告状況

報告書類

2018/09 フィッシング報告状況

2018年10月01日

フィッシング報告件数

2018 年 9 月にフィッシング対策協議会に寄せられたフィッシング報告件数 (海外含む) は、前月より 630 件減少し、1,244 件となりました。

フィッシングサイトの URL 件数

2018 年 9 月のフィッシングサイトの URL 件数 (重複無し) は、前月より 108 件減少し、846 件となりました。

フィッシングに悪用されたブランド件数

2018 年 9 月のフィッシングに悪用されたブランド件数 (海外含む) は、 3 件増加し、35 件となりました。

総評

2018 年 9 月のフィッシング報告件数は 1,244 件となり、8 月と比較すると 630 件の減少となりました。今月もキャリア決済の不正利用を目的としたフィッシングメールやショートメッセージ (SMS) の報告が続いています。キャリア決済の不正利用は限度額上限まで使われることが多いため、限度額設定やキャリア決済で使えるサービスの確認を行うなど、今後も注意が必要です。LINE のフィッシングについては先月中旬より .cn 以外のドメインで稼働するようになり、報告数が増えています。Amazon や Apple、PayPal など、利用者が多いブランドをかたるフィッシングメールも、毎日のように新しいメール文面の報告が続いています。また、フィッシング以外の不審なメール (仮想通貨を要求する脅迫メールなど) の報告も増えています。フィッシングかどうかの判断に迷うメールや、不審なメールを受け取った場合は、各サービス事業者の問合せ窓口やフィッシング対策協議会 (info@antiphishing.jp) までご連絡ください。


【参考情報】
  MyJCB をかたるフィッシング (2018/09/19)
    https://www.antiphishing.jp/news/alert/myjcb_20180919.html