~ フィッシングとは金融機関などを装った電子メールを送り口座番号、パスワード、クレジットカード番号などの個人情報を詐取する行為です ~

HOME > 報告書類 > 月次報告書 > 2015/11 フィッシング報告状況

報告書類

2015/11 フィッシング報告状況

2015年12月01日

フィッシング報告件数

2015 年 11 月にフィッシング対策協議会に寄せられたフィッシング報告件数 (海外含む) は、前月度より 27 件増加し、246 件となりました。

 

フィッシングサイトの URL 件数

2015 年 11 月のフィッシングサイトの URL 件数 (重複無し) は、前月度より 2 件減少し、96 件となりました。

 

フィッシングに悪用されたブランド件数

2015 年 11 月のフィッシングに悪用されたブランド件数 (海外含む) は、前月度と同じ、15 件となりました。

 

総評

2015 年 11 月のフィッシング報告件数は 246 件となり 10 月と比較すると 27 件の増加となります。11 月のフィッシングの特徴としては カード会社をかたるフィッシングが発生したこと、SMS を使用したフィッシングが再度ネットバンクで発生したこと、また、Apple ID を搾取するフィッシングが発生したことなどがあげられます。Apple ID を搾取するフィッシングサイトの報告件数については、10月は52件、11月は19件と減少しております。なお、オンラインゲームのフィッシングサイトの報告件数は 45 件となります。引き続きオンラインゲームをかたるフィッシングサイトが見つかっておりますので 12 月以降もご注意ください。
フィッシングかどうかの判断に迷うメールや、不審なメールを受け取った場合は、各サービス事業者の問合せ窓口やフィッシング対策協議会 (info@antiphishing.jp) までご連絡ください。


【参考情報】
ジャパンネット銀行をかたるフィッシング (2015/11/12)
https://www.antiphishing.jp/news/alert/jnb20151112.html

[更新] OMC Plus をかたるフィッシング (2015/11/09)
https://www.antiphishing.jp/news/alert/omc_plus_20151109.html