~ フィッシングとは金融機関などを装った電子メールを送り口座番号、パスワード、クレジットカード番号などの個人情報を詐取する行為です ~

HOME > ニュース > 協議会からのお知らせ > フィッシング対策協議会、 日本クレジットカード協会と協業しサイバー 犯罪被害防止啓発キャンペーンを開始

協議会からのお知らせ

フィッシング対策協議会、 日本クレジットカード協会と協業しサイバー 犯罪被害防止啓発キャンペーンを開始

2019年02月20日

フィッシング対策協議会、 日本クレジットカード協会と協業しサイバー 犯罪被害防止啓発キャンペーンを開始

~ STOP. THINK. CONNECT. を合言葉に、わかりやすい啓発ツールを提供 ~

 

フィッシング対策協議会 (東京都中央区、会長:岡村久道) の STOP. THINK. CONNECT. 普及啓発ワーキンググループ (以下 STC 普及啓発 WG) は、日本クレジットカード協会 (東京都港区、会長:井上 治夫 三菱UFJニコス株式会社代表取締役社長 以下 JCCA) と協業し、偽メール、偽メッセージを発端とするサイバー犯罪被害の防止のための啓発キャンペーンを、2019 年 2 月 20 日より開始します。

 

なお、本啓発キャンペーンは、内閣サイバーセキュリティセンターが主催する 2019 年 「サイバーセキュリティ月間」 (※ 1) 関連行事として登録しています。

 

<本啓発キャンペーン実施の背景と内容>
●フィッシング (※ 2) の急増によるクレジットカード不正利用の拡大
2018 年、大手有名企業からの通知を装った偽のメールやメッセージを発端とする サイバー犯罪 (フィッシング) が急増しました。フィッシング対策協議会に寄せられたフィッシングの報告件数は前年比 200% (※ 3) を超えています。大手有名企業名などを騙った偽のサイトでは、サービスのログイン ID、パスワードだけでなく、クレジットカード番号を含む個人情報を入力させ、情報を詐取します。犯罪グループは、詐取した情報を使い本人になりすまして物品の購入などでクレジットカードの不正利用をしたり、情報の転売などによって収益を上げていると考えられます。 2018 年 1 月から 9 月までのクレジットカードの番号盗用による被害は、131.8 億円 (※ 4) と増加傾向にあり、大きな社会問題となっています。

 

●被害の起点である 「偽の通知」 への注意を促す啓発ツールの提供
STC 普及啓発 WGでは、これらのサイバー犯罪被害のきっかけとなる、大手企業を装ったフィッシングメールやメッセージによる偽の通知を受け取った際に、「立ち止まって考える」 習慣を身に付けてもらうための啓発ポスターを制作しました。本啓発ツールは、自由にダウンロードいただき、みなさまに広くご活用いただきたいと願っております。ダウンロードにつきましては、以下の URL をご覧ください。

 

啓発ツール提供 URL
STOP. THINK. CONNECT. ホームページ資料ダウンロードセンター https://stopthinkconnect.jp/interest/download/

 

また、STC 普及啓発 WG がこれまでに実施してきた 「STOP. THINK. CONNECT.」 啓発キャンペーンの一環として、「サイバーセキュリティ月間」 の期間中、JCCA の協力を得て、サイバー空間における安全習慣を呼びかける 「STOP. THINK. CONNECT.」 ポスターを、JCCA の会員会社であるクレジットカード会社、及び関連団体に対して展開し、啓発活動へのキャンペーン参加の各クレジットカード会社ウェブサイト等に掲出し、活用を促します。
STC 普及啓発 WG ならびに JCCA では、今後ともインターネットを安全に使うための消費者向けセキュリティ啓発活動を行っていきます。

 

<参考情報>
●STOP. THINK. CONNECT. について
STOP. THINK. CONNECT. (立ち止まる、考える、楽しむ) は、インターネットを安全に楽しむための基本となる行動習慣を表した標語です。2010 年に米国から始まったこの標語を使った啓発キャンペーンは、様々な国で賛同を集め世界に広がりつつあります。誰にでもできるセキュリティ対策は、この行動習慣をまず身につけることから。フィッシング対策協議会 STC 普及啓発 WG では、交通安全の標語のように、インターネットやウェブサイトにアクセスする前に 「STOP (立ち止まって理解する)、THINK (何が起こるか考える)、CONNECT (安心してインターネットを楽しむ)」 意識を持つよう呼びかけ、ネットにも安全を守る合言葉を広める活動を継続してまいります。

 

STOP. THINK. CONNECT. 普及啓発キャンペーンサイト URL
https://stopthinkconnect.jp/

 

※ 1 サイバーセキュリティ月間 内閣サイバーセキュリティセンターでは、毎年 2 月 1 日から 3 月 18 日までの期間をサイバーセキュリティ月間と定め、産・官・学・民の連携のもと、集中的にサイバーセキュリティ普及啓発活動を強化しています。 https://www.nisc.go.jp/security-site/month/index.html
※ 2 フィッシング (Phishing) とは、金融機関 (銀行やクレジットカード会社) などを装ったメールやメッセージを送り、住所、氏名、銀行口座番号、クレジットカード番号などの個人情報を詐取する行為です。
※ 3 フィッシング対策協議会へのフィッシング報告件数 2017 年 1 月 ~ 12 月計 9,812 件、2018 年 1 月 ~ 12 月計 19,960 件
※ 4 日本クレジット協会発表データ (2018 年 12 月 28 日)
https://www.j-credit.or.jp/download/news20181228b.pdf

 

<本件に関するお問い合わせ先>
■フィッシング対策協議会 (一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター内) STC 普及啓発 WG 事務局
Mail (STC 普及啓発 WG 事務局) :
URL:https://www.antiphishing.jp/

 

<参考資料>