~ フィッシングとは実在する組織を騙って、ユーザネーム、パスワード、アカウントID、ATMの暗証番号、クレジットカード番号といった個人情報を詐取する行為です ~

HOME > ニュース > 協議会からのお知らせ > Webサイトのサーバー証明書種類の確認方法(2022/09/06)

協議会からのお知らせ

Webサイトのサーバー証明書種類の確認方法(2022/09/06)

2022年09月06日

目的の Web サイトがどの種類(DV 証明書、OV 証明書、EV 証明書)のサーバー証明書を利用しているのか不明瞭なため、判断に困る場合があります。 下記のツールを用いて確認することが可能で、利用しているサーバー証明書の種類を確認することができます。

■ SSL Certificate Checker の場合
https://www.digicert.com/help/

確認方法

  1. ① に目的のサイト URL を入力して、「CHECK SERVER」 をクリックする。
  2. ② OV またはEVサーバー証明書の場合「Organization」に、運営組織名が表示される。

なお、EV サーバー証明書の場合は、下記の「EV サーバー証明書の確認方法」で確認することができます。

■ SSL サーバー証明書 導入サポートツール

https://sstool.cybertrust.ne.jp/support_tool/index01.php

確認方法

  1. ① に目的のサイト URL を入力して、「設定を確認する」 をクリックする。
  2. ② OV または EV サーバー証明書の場合「Organization」に、運営組織名が表示される。

なお、EV サーバー証明書の場合は、下記の「EV サーバー証明書の確認方法」で確認することができます。

■ EV サーバー証明書の確認方法

主要ブラウザーのアップデートにより、表示される情報が鍵マークのみとなり、どこの組織が運営しているサイトであるかが一目では識別できなくなり、意図した組織が運営している Web サイトであるかどうかを確認するためには表示されているアドレスバーの鍵マークをクリックすることが必要です。



[Google Chrome 103 におけるアドレスバーの表示例]

■ 関連情報

証明書普及促進ワーキンググループでは、DV、OV、EV の 3 種類のサーバー証明書の扱い方について、Web サイトを運営する側 (事業者) 向けにも記事を公開しています。

・常時 SSL に向けてサイト運営者が知っておくべき基礎知識 (2019/04/17)
https://www.antiphishing.jp/news/info/_ssl_baseknowledge.html

・SSL/TLS サーバー証明書のユースケースついて(2018/03/29)
https://www.antiphishing.jp/news/info/_sslusecase_20180329.html

<証明書普及促進 WG >

主査:田上 利博 (サイバートラスト株式会社)

副主査:稲葉 厚志 (GMOグローバルサイン株式会社)

<会員組織>

大泰司 章(一般財団法人日本情報経済社会推進協会)

加藤 孝浩 (トッパン・フォームズ株式会社)

輿石 達哉 (セコムトラストシステムズ株式会社)

古関 孝生 (セコムトラストシステムズ株式会社)

佐藤 桂史郎(一般財団法人日本情報経済社会推進協会)

高倉 万記子(一般財団法人日本情報経済社会推進協会)

中村 圭祐 (デジサート・ジャパン合同会社)

林 正人 (デジサート・ジャパン合同会社)

町田 隼人 (株式会社日本レジストリサービス)

山賀 正人 (CSIRT研究家)

米谷 嘉朗(株式会社日本レジストリサービス)

<本件に関するお問い合わせ先>

協議会活動全般・その他お問い合わせ

<報道関係からのお問い合わせ先>

取材依頼フォーム