~ フィッシングとは実在する組織を騙って、ユーザネーム、パスワード、アカウントID、ATMの暗証番号、クレジットカード番号といった個人情報を詐取する行為です ~

HOME > ニュース > ニュース記事集 > Google、Chrome のパスワード保護やフィッシング対策強化 2020/01/07 (Impress Watch)

フィッシングに関するニュース

Google、Chrome のパスワード保護やフィッシング対策強化 2020/01/07 (Impress Watch)

2020年01月08日

Google は、Chrome のパスワード保護を強化する仕組みなどを導入。パスワード漏洩や、フィッシングサイトへの対策機能が搭載される。バージョン 79 で順次適用。
パスワードを保護する仕組みとして、侵害されたパスワードの警告を行なう機能を搭載。Google は、すでに漏洩した 40 億個の認証情報を保持しており、新機能では、ユーザー名とパスワードをそのデータベースと比較することで、ユーザー情報が危険にさらされているかを警告する。
フィッシングサイトへの対策機能は 2 種類。一つ目は 「リアルタイムフィッシング保護」 機能。セーフブラウジングのサーバーがアクセスしたことがあるページの URL をリアルタイムに調査できる。 もう一つは既存の 「予測的フィッシング保護」 機能を拡張したもの。Chrome のパスワードマネージャーに保存したパスワードや、Chrome へのサインインに使っている Google アカウントのパスワードなど、保護されているパスワードを、通常と異なるサイトに入力した場合、Chrome が危険な可能性があると分類する。

詳細は下記の 「ニュース元 URL」 へ




サイトのURL