~ フィッシングとは金融機関などを装った電子メールを送り口座番号、パスワード、クレジットカード番号などの個人情報を詐取する行為です ~

HOME > ニュース > ニュース記事集 > 不正送金マルウェアが 16.8 倍と急増 - 侵入経路の大半が 「メール」 2017/01/27 (Security NEXT)

フィッシングに関するニュース

不正送金マルウェアが 16.8 倍と急増 - 侵入経路の大半が 「メール」 2017/01/27 (Security NEXT)

2017年01月31日

2016 年第 4 四半期は、不正プログラムの検出数が倍増した。なかでもオンラインバンキングのアカウント情報を窃取するマルウェアが 16.8 倍と急増したという。
同四半期におけるウイルスの検出数は 3078 件で、前四半期の 1445 件の約 2 倍となった。もっとも多く検出されたのは 「W32/Fujack」 で、前四半期の 53 件から 14.8 倍となる 786 件だった。

続きは下記の 「ニュース元 URL」 へ




サイトのURL