~ フィッシングとは金融機関などを装った電子メールを送り口座番号、パスワード、クレジットカード番号などの個人情報を詐取する行為です ~

HOME > 消費者の皆様へ > フィッシング対策の心得

消費者の皆様へ

フィッシング対策の心得

フィッシング詐欺例:その1

フィッシング詐欺例:その1

この例は、架空の銀行 「名無し銀行」 を騙ったフィッシング詐欺メールの例です。電子メールが HTML 形式 (メールの本文に飾り文字や図表が表示できるメール) で詐欺師から 「名無し銀行」 を騙って届いています。

 

騙されない為には!

 

金融機関 (銀行・保険・カード会社など) ではメールにて口座番号や暗証番号、ご本人様の個人情報を問い合わせる事は行っていません。これら項目を尋ねてくるメールはフィッシング詐欺と断定してください。

フィッシング詐欺例:その2

フィッシング詐欺例:その2

その 1) に表示したメールの文中に口座番号と暗証番号を入力する画面があったので口座番号と暗証番号を入力します。すると詐欺師の管理するインターネットシステムへあなたのメールアドレスと口座番号、暗証番号が届きます。詐欺師はあなたから入手した情報を元にあなたの大切な資産を "あなたであると偽って" 盗みだします。

 

騙されない為には!

 

金融機関 (銀行・保険・カード会社など) ではメールにて口座番号や暗証番号、ご本人様の個人情報を問い合わせる事は行っていません。これら項目を尋ねてくるメールはフィッシング詐欺と断定してください。

フィッシンングサイトではないとの確認方法:その1

フィッシンングサイトではないとの確認方法:その1

この例は、架空の銀行 「名無し銀行」 が本物であることを確認する方法の例です。銀行から通知を受けている、URL (アドレス) をブラウザから直接入力し、銀行のホームページを開きましょう。インターネットバンキングを行う場合は銀行のホームページに表示されているメニューから操作を始めましょう。

 

騙されない為には!

 

金融機関 (銀行・保険・カード会社など) のホームページで口座番号や暗証番号、個人情報を入力するサービスを利用する場合、金融機関から通知を受けている、 URL (アドレス) をブラウザから直接入力し、金融機関のホームページを開きましょう。

フィッシンングサイトではないとの確認方法:その2

フィッシンングサイトではないとの確認方法:その2

銀行のインターネットバンキングの画面を表示すると "錠前" のアイコンがブラウザの下のバーに表示されます。この錠前が表示されている場合には "確かに 「名無し銀行」 です" と証明している証拠です。しかし、錠前が表示されない場合には面倒ですが、画面の何も無い部分へマウスポインタ (画面の矢印) を乗せ Windows パソコンの場合は右クリックを行い、プロパティを選択し、さらに 「証明書」 をクリックします。

フィッシンングサイトではないとの確認方法:その3

フィッシンングサイトではないとの確認方法:その3

すると電子証明書の内容が確認できます。証明書中に銀行の名称が書かれていれば本物のインターネットバンキングの画面です。