~ フィッシングとは金融機関などを装った電子メールを送り口座番号、パスワード、クレジットカード番号などの個人情報を詐取する行為です ~

HOME > 報告書類 > 月次報告書 > 2018/07 フィッシング報告状況

報告書類

2018/07 フィッシング報告状況

2018年08月01日

フィッシング報告件数

2018 年 7 月にフィッシング対策協議会に寄せられたフィッシング報告件数 (海外含む) は、前月より 32 件減少し、1,977 件となりました。

フィッシングサイトの URL 件数

2018 年 7 月のフィッシングサイトの URL 件数 (重複無し) は、前月より 160 件増加し、996 件となりました。

フィッシングに悪用されたブランド件数

2018 年 7 月のフィッシングに悪用されたブランド件数 (海外含む) は、7 件増加し、41 件となりました。

総評

2018 年 7 月のフィッシング報告件数は 1,977 件となり、6 月と比較すると 32 件の減少となりました。7 月中旬にかけて 6 月に緊急情報で掲載した内容と同じ件名や文面の Apple や Amazon をかたるフィッシングメールが何度も大量配信されましたが、7 月後半は短縮 URL を利用してメール内の誘導元 URL をメールごとに変えるものが多くみられました。6 月と同様に Apple に次いで LINE、Amazon、MyEtherWallet のフィッシング報告が多く寄せられましたが、少数の報告も多くブランド件数は 7 件増加となりました。また、ソフトバンクなどモバイルキャリアをかたるフィッシングの報告も増えており、被害が発生していることから、引き続き注意が必要です。フィッシングかどうかの判断に迷うメールや、不審なメールを受け取った場合は、各サービス事業者の問合せ窓口やフィッシング対策協議会 (info@antiphishing.jp) までご連絡ください。


【参考情報】
   [更新] MyJCB をかたるフィッシング (2018/07/24)
    https://www.antiphishing.jp/news/alert/jcb_20180724.html

   [更新] ソフトバンクをかたるフィッシング (2018/07/04)
    https://www.antiphishing.jp/news/alert/softbank_20180704.html