~フィッシングとは金融機関などを装った電子メールを送り口座番号、パスワード、クレジットカード番号などの個人情報を詐取する行為です~

Welcome to Council of Anti-Phishing Japan

フィッシング対策協議会は2005年4月に発足いたしました。海外、特に米国を中心として大きな被害を生んでいるフィッシング詐欺に関する事例情報、技術情報の収集及び提供を中心に行うことで、日本国内におけるフィッシング詐欺被害の抑制を目的として活動しております。


フィッシングに関するニュース

緊急情報

ニュース記事集

協議会からのお知らせ

インタビュー

第16回:被害事例や件数などネガティブ情報も隠さない―ヤフー

第16回:被害事例や件数などネガティブ情報も隠さない―ヤフー

月間のアクセス数が450億ページビューを超える巨大ポータルサイトであるYahoo! JAPANは、フィッシングサイトの報告件数も多く、攻撃者にとっても最大のターゲットである。フィッシングサイトは、偽造しやすいとか管理が甘いといったこととは関係なく、攻撃者にとって価値のあるサイトが狙われるので、金融機関や大手ポータルサイトが狙われるのは世界共通である。 しかし、ログインシール、EV SSLといった対策技術やユーザーの啓発プログラムなど、サイト側でできることは存在する。ヤフーではフィッシングに対してどのような対策をとっているのだろうか。

詳細はこちら

イベント

フィッシング対策セミナー2013開催のご案内


フィッシング (Phishing) とは、金融機関やオンラインショップなどを装っ...

詳細はこちら

報告書類

消費者の皆様へ

サービス事業者の皆様へ

報告

フィッシング対策ガイドライン

フィッシング協議会について

フィッシング対策協議会の狙い、活動、会員についてご説明しています。

組織概要

会長挨拶

活動

メンバー

入会案内

STOP!フィッシング詐欺

よくあるご質問

お問い合わせ

Stop.Think.Connect

フィッシング対策協議会は、インターネットの安全性を高めるための Stop.Think.Connect の活動を応援しています。

Stop.Think.Connectとは?